CAUTION!!
The articles written in English you will find in this site are the reproduction of articles originally published on Mainichi Daily News' "WaiWai" section. Almost all of the articles were nothing but trumped-up stories.
Please DO NOT believe them!
Were these stories real? No Japanese readers would believe them.
Some immoral writers made up the story, taking from dubious "news" from tabloids and gossip magazines.
However, some readers unfortunately believed the articles.
There's no wonder--these stories were published by the Mainichi Newspapers, one of the Japanese major "quality" papers.
The writers and Mainichi seem to understand very well that fiction is stronger than reality
--at least for readers with little experience with Japan.
Don't believe Mainichi, never!

2008/8/11 22:12作成、8/12 10:22更新


Web掲載が始まる以前の、1997/10/5の毎日デイリーニューズの紙面



変態毎日新聞社発行 Mainichi Daily News 1997年10月5日
「受験生」 バカ母SEX献身の実例 ・日本語訳 対訳表

A 38-year-old mother discovers by chance that her 15-year-old darling is not cramming for high school entrance exams,

but masturbating night after night.What does she do?
After discussing the matter with her husband, the worried mother realizes the solution.

She performs oral sex on the boy for 15 minutes everyday to help him concentrate on his studies.

The father, a tad jealous perhaps, goes to a porno shop and comes home with a chastity belt for his wife to prevent the son from going all the way.

Mothers anxious about their beloved sons are beginning to take a more active role to ensure their boys reach the gates to success.

In the old days, concerned mothers used to help their cramming sons by preparing them late-night snacks and telling other family members to keep quiet.

But not any more, reports Asahi Geino.

The Magazine bases its report on allegedly true stories gathered by Yukio Shibagaki, a 42-year-old cram school operator in Chigasaki, Kanagawa Prefecture.

Shigasaki introduces a young mom who found her 15-year-old son studying Porno books instead
of text books.

The mother connected the magazines with his poor results and decided to help him out. Starting that night,

Shibagaki says the cooperative mother helped her son masturbate.


The woman agreed to stroke his penis on nights when he memorized 10new English words.

She offered him fellatio if he came home with improved test scores. Naturally the boy's grades shot up.

Some anxious moms start even earlier.

Shibagaki shares one case in which a 28-year-old woman rapidly improved her 12-year-old son's grades by letting him watch her undress whenever he scored well in his exams.


"Most boys crave for a chance to watch naked women.
Many mothers accept this craving and reward their son's academic improvement with a peek at their body.
Others hire young women tutors and tell them to pose naked for their sons."




Horny sons, however, aren't the only ones being satisfied by eager mothers.

Asahi Geino reports that many male high school teachers take advantage of their influential position and ask students' mothers to go to a love hotel with them in exchange for favors.

"Some teachers ask mothers to make love to them."

reveals Shibagaki.

"There are even teachers who ask mothers to offer their son's elder sister for sex."

A former private senior high school teacher in Tokyo informs Asahi Geino that desperate mothers are easy game for leacherous teachers.

"It was mandatory for teachers at our school to visit game arcades and coffee shops in the area
once a week to make sure that students weren't violating school regulations.

Students found in violation were suspended for three days and their parents summoned for discussions.

When attractive mothers arrived, teachers in charge would quietly offer to erase the suspension from their sons' attendance record if ... .

Most mothers accepted the offer and went to a love hotel immediately." (TI)

38歳の母は、15歳の息子が高校入試の勉強をせずに、夜な夜なマスターベーションしていることを偶然知る。

母のすることとは何か?
心配になった母は、夫と話し合った後、解決策を見出す。

彼女は、少年が勉強に集中できるように、毎日15分のオーラルセックスをする。

父は、多分ちょっと嫉妬したのか、息子最後までやっちゃわないように、彼女のためにポルノショップで貞操帯を買ってくる。

母親達は最愛の息子のことを心配して、息子が必ず成功への門をくぐれるよう、さらに積極的な役割をするのだ。

昔なら、息子を心配した母親は、勉強している息子のために、深夜のおやつを準備したり、他の家族に静かにするように注意したものだ。

しかし、アサヒ芸能によれば、もはやそうではない。

その雑誌のレポートは、ユキオ シバガキ(神奈川県茅ヶ崎市の塾経営者、42歳)によって収集された実話に基づいている。

シバガキは、15歳の息子が教科書でなくポルノ雑誌を見ていることを知った若い母親を紹介する。


その母親は、息子の成績が悪い原因をポルノ雑誌のせいだと考え、彼を助けることを決意する。


シバガキは言う。その夜、協力的な母親は、息子がマスターベーションするのを手伝い始めたと。


彼女は、彼が新しい英単語を10個覚えるたびに、彼のペニスをなでる(stroke)ことに同意した。

更に彼女は、彼のテストの点数が上がれば、フェラチオをすることを申し出た。
当然のことながら、少年の成績は上がった。

また、心配する母親達の中には、更に早い時期から始める人もいる。

シバガキはこんなケースも紹介する。
ある28歳の母親は、12歳の息子がテストでよい点を取った時は、いつでも彼女の裸を見せてあげるこ
とで、 彼の成績を急激に向上させた。

「たいていの少年は、裸の女性をみる機会を切望している。
多くの母親が、息子の欲望を受け入れ、 学校の成績が上がれば、ご褒美に彼女の裸体をちらっと見
せてあげるのだ。
他にも、若い女性の家庭教師を雇って、息子に裸を見せてあげるように言う母親もいる。」

(以下yahoo翻訳を利用。有志の方変更を求む!)


エッチな息子は、しかし、熱心な母によって安心させられているただ一人の人でありません。

アサヒ芸能は、多くの男性の高い学校教師が彼らの影響力のある位置を利用して、学生の母に好意と引きかえに彼らとラブホテルに行くよう頼むと報告します。

「一部の先生は、母に彼らと愛しあうよう頼みます。」

と、シバガキが明らかにします。

「母に彼らの息子の姉をセックスに対して提供するよう頼む先生さえ、います。」

東京の元民間の上級高等学校学校教師は、必死の母がいやらしい先生のための簡単なゲームであることをアサヒ芸能に知らせます。

「我々の学校の先生が週に一度学生が校則を犯していなかったことを確認するために地域でゲームセンターと喫茶店を訪問することは、義務的でした。

違反で見つかる学生は、議論のために呼び出される3日と彼らの両親の理由で追放されました。


魅力的な母が到着したとき、担当の先生は中止を彼らの息子の出席記録もしもから消すと静かに申し出ます...。

大部分の母は申し込みを受け入れて、すぐにラブホテルに行きました。」(TI)




毎日の釈明は全て嘘だと判明しました
嘘に嘘を重ねる毎日新聞。

×9年前のウェブスタート時から始まった
○いいえ11年前の紙媒体(英字新聞)時代から侮日記事はすでにでかでかと載っていた

×ウェブだからチェック体制が甘かった
○紙媒体上ですでに11年前から日本侮辱記事を垂れ流し

×日本人スタッフが関与していない
○日本人スタッフが3人いた英字新聞時代から日本侮辱記事を垂れ流し
  しかも11年前の変態記事の署名がTakeshi Ito。日本人?

×少数の外人スタッフの暴走
○外人15人、日本人3人という大所帯の英字新聞紙媒体の時代から日本侮辱記事を垂れ流し
  11年前は、問題の記者ライアン・コネルの毎日新聞入社前

×英語だからチェックできなかった
○日本の母親はセックスで息子の成績を上げる、という大きな日本語の説明がついています



有志の方が更に古いデータベースからも問題となる記事を見つけ出してくれました↓

http://pics.livedoor.com/u/hakkutunin/photos?p=1



この問題に関してさらに詳しく知りたい方は・・・

毎日新聞の英語版サイトがひどすぎる まとめ@wiki
http://www9.atwiki.jp/mainichiwaiwai/

毎日新聞問題の情報集積wiki
http://www8.atwiki.jp/mainichi-matome/


紙面タイトル一覧