日韓友好のため韓国の新聞を読もう

日韓合作ドラマは韓男日女

東亜日報 JANUARY 26, 2004 00:45

「韓男日女」韓日合作ドラマの愛の構図

 韓日合作ドラマで愛の主人公たちはどうしていつも「韓男日女(韓国人男性と日本人女性)」なのだろうか。

 MBC(文化放送)が30日午後9時55分から放映する3番目の韓日合作ドラマ「Star’Echo−星の声(日本題:STAR’S ECHO〜あなたに逢いたくて〜)」(シナリオ:金ユンジョン、演出:金南元、高東宣、小林和宏)は、韓国男性のソンジェ(趙顯宰)と日本女性の美咲(中越典子)の愛を描いた作品だ。

 交通事故で死んだ恋人に対する罪責感を抱いて生きている美咲が韓国支社でソンジェに会い、お互いの傷を癒すというストーリー。このドラマはMBCがフジテレビと合作した作品で、フジテレビは30日夜9時から放映する。

 おもしろい点は、「星の声」に出る韓国男性と日本女性の「愛の構図」が、以前の韓日合作ドラマである「フレンズ」(01年)、「ソナギ−雨上がりの殺意」(02年)に似ているということだ。MBCが日本TBSと合作した「フレンズ」では、元彬(ウォン・ビン)と深田恭子がそれぞれ韓国と日本の代表タレントとして劇中カップルを組んでおり、フジテレビとの合作品である「ソナギ−雨上がりの殺意」ではチ・ジンヒと米倉凉子が男女主演を演じた。

 韓日合作ドラマがこのように「韓男日女」の構図から脱せられないでいる理由は、韓国人たちの日本に対する微妙な感情を意識したためだ。バク・ジョンMBCドラマ局長は、「韓国は日帝強制占領期を経験したことがあり、韓国人たちが『キーセン(日本の芸者)観光』のため、日本男性に悪いイメージを持っているので、ドラマに『日男韓女』カップルを設定するのは時期尚早であるようだ」と説明した。

 また、韓日合作ドラマは童話のようなラブストーリーにとどまっているという指摘も出ている。韓国と日本のドラマは両国共に男女の激情を表わしているにもかかわらず、両国の合作ドラマは非現実的なメロドラマ水準に止まっているということだ。実際に「星の声」の試写会でも「陳腐だ」との評が出た。金南元(キム・ナムウォン)プロデューサーは、「最近の『独島論難』でみられるように、韓日関係には敏感な部分が多くて、ママごと遊びのような愛を見せるのが限界だ」と説明した。

 バク局長は、「今までが『合作』自体に意味を置いて来た段階だったとすると、これからはドラマの作品性を高める段階に進まなければならないだろう」と語った。

朝鮮日報 2003/11/12 19:30

3作目の韓日合作ドラマがクランクイン

 MBCと日本のテレビ局が共同制作する韓日合作ドラマ『STAR’S ECHO』が本格的なロケを開始した。

 MBCとフジテレビが来年1月のオンエアを目標に今月5日からロケを開始した。120分の単発ドラマだが、両社は今回のドラマ制作にかなりの力を入れている。

 制作陣は年末までにソウル、智異(チリ)山、東(トン)江、蔚珍(ウルジン)、東京、長野、タイのパタヤを舞台に、ロックミュージシャンを夢見る韓国人男性と、失った恋人を忘れることのできない日本人女性のラブストーリーを完成させる。

 23歳の趙現宰(チョ・ヒョンジェ)と24歳の中越典子が共演し、繊細で切ないカップルを演じる。

 韓日合作ドラマは今回が3作目で、韓国側はいずれもMBCが制作した。MBCは昨年2月に日本のTBSと『フレンズ』を共同制作し、昨年11月にはフジテレビと共同で『ソナギ〜雨上がりの殺意』を制作した。

 『フレンズ』はウォン・ビンと深田恭子が、『ソナギ〜雨上がりの殺意』は池珍煕(チ・ジニ)と米倉涼子が共演した。

 そして今回の『STAR’S ECHO』も韓国人男性と日本人女性のラブストーリーを描いている。過去の韓日合作ドラマ全3作が同じ設定であることについて、MBC側は「正直、その反対のパターンを描くことよりもリスクが非常に少ないため」と説明した。

 「リスクが少ない」という意味は、すなわち「両国の視聴者の反発が少ない」ということだ。複雑に絡み合った過去の歴史から想像して、韓国人女性と日本人男性のラブストーリーを描く場合、特に韓国の視聴者の反感を買う可能性がある。文化的な違いも一因となるだろう。

 赤いフェイスペインティングをしてサッカーの街頭応援をする「レッドデビル」と青いレプリカユニフォームを着て整然とスタジアムで応援する「ウルトラニッポン」という両サポーターを比べれば、なぜ韓国人男性と日本人女性を登場させるのか、制作陣の意図が容易に読み取れる。

 『STAR’S ECHO』のヒロインを演じる中越典子は、99年にファッションモデルとしてデビューし、NHK朝の連続ドラマなどに出演した女優で、淑やかなイメージの典型的な日本美人だ。

 韓日合作ドラマは韓日両国や東南アジアの視聴者の好評を博したが、「日本の大衆文化開放の日程や規模、形式が明確ではない状況で、MBCが先を行き過ぎている」といった批判もある。

 MBCドラマ局の朴鍾(パク・チョン)局長は「韓国の大衆文化は日本、中国、東南アジアで韓国ブームを巻き起こすだけのしっかりとした基盤があるため、日本の大衆文化開放を前に恐れる必要はない。これからもますます多様なスタイルの韓日合作ドラマを制作し、両国の文化交流に寄与したい」と語った。

金スヘ記者

朝鮮日報 2005/12/04 08:58

【萬物相】映画と民族感情

 米国の映画『招かれざる客 』(1967年)で、白人の老夫婦は、娘が黒人の婚約者を連れてくると驚いてど肝を抜かれる。母親は娘が婚約者と寝たかどうかがもっとも気になる。娘は、「彼が承諾しなかった」と否認する。16の州が黒人と白人の結婚を禁じた時代だけあって、監督は画面ではなく、シナリオでさえ黒人と白人との肉体関係がなかったことを強調しなければならなかった。

 にもかかわらず、波紋は大きかった。白人の優越注意団体のKKKの団員らが、映画館の前に集まって脅迫したこともある。

◆ 黒人の男性と白人の女性のベッドシーンが登場するまでは、その後34年がかかった。

 『ジャングル・フィーバー』(1991年)で黒人の建築家が白人の女性秘書と付き合っていることを友達に言うと、友だちは「水素爆弾」と驚く。彼がまた女性秘書と「関係」をしていると打ち明けると友だちはもっと驚いて叫ぶ。「核災害だな!」

 黒白カップルは、双方の家族に爪弾きにされ、挫折する。結局、映画の設定と内容は、黒人の男性と白人の女性の結合というタブーを乗り越えることができなかったのだ。

◆ 21世紀になっても、しかもフィクションに過ぎないにもかかわらず、米国映画は、黒人と白人の結合をまともにテーマにすることができない。

 白人の男性と黒人の女性関係は、それなりに受け容れられているが、黒人の男性、白人の女性の関係描写はほとんど聖域に近い。白人の主流社会は、黒人に白人女性という組み合わせは、男性が悪党であるか女性に問題があると思う。「黒人男性=セックスマシーン」という図式に取り付かれた不貞な「捕虜」、ないしは「変節者」と思われる。長年の人種的偏見の一片から微妙な性的劣等感が垣間見える。

◆ 数日前、ハリウッド映画『Memoirs of a Geisha(邦題:さゆり)』の試写会が開かれた後、中国のインターネットが大騒ぎになったという。

 日本の伝説的な芸者を演じる中国人女優のチャン・ツィイーによる、日本人俳優とのベッドシーンを見て、中国のネティズンたちは、激しい怒りをぶつけたのだ。「中国人から愛される女優が日本人の男の下に敷かれて裸で横たわるとは」「数多くの中国人女性が日本軍によって犯されたつらい記憶を呼び起こした」「金の虜になったチャン・ツィイーを映画界から追放しよう…」

◆ 反日感情が強まっている中国で、彼らの目には映画をそのまま映画と映らないのかもしれない。画面で寝転ぶ女性が日本の芸者ではなく、中国の女性チャン・ツィイーに見えるのである。

 しかし、中国人の男性俳優と日本人の女優との濡れ場だったとすれば、このように怒っただろうか? はたして、映画の中での黒人と白人の結合に対する白人男性たちの抵抗感のように、女性に対する偏見が作用してはいないのか。

 『Memoirs of a Geisha』の主演女優のオーディションまで受けた韓国人女優がいたと聞いているが、彼女が出演した場合、われわれの反応はどうだったろう。気になるところだ。