日韓友好のため韓国の新聞を読もう

麻生外相に対する個人攻撃

中央日報 2005.12.08 18:45:25

<取材日記>日本外相の「アジア軽視」、いつ変わるのか

 麻生太郎日本外相が7日、場所を移して内・外信記者を相手に日本のアジア外交政策基調を発表した。 この日、外信記者会見場には200人余の特派員らが集まり、廊下まで埋まるという珍しい風景が演出された。日本の外交がアジアでの孤立を自ら招いているという批判が日本国内でも高まっている時期に、異例にも「アジア外交」だけに主題を限定したためだ。 会見場は、麻生外相が何か変化した立場を表すのではないかという期待感が漂った。

 しかしこの日会見でニュースになるものはなかった。 逆に、アジア外交の最大の障害とされる靖国参拝問題については、従来の立場を強硬な語調で再確認した。 発表文の行間からは「問題にならないことをどうして度々提起するのか」という強弁が感じられた。 麻生外相はあらかじめ準備した演説文で、「個別の問題(靖国問題を指したよう)で全体を傷つけてはならない」と強調した。 そして「過ぎたことを未来への障壁にするのはやめよう」と要請した。

 文脈だけを見ると、すべて合った話だ。 誰も過去の谷間に落ちて未来を見つめることができない愚を犯したい人はいない。 だが、北東アジア3カ国でなぜ「全体を傷つける」現象が繰り返されているかについて深い省察を麻生外相は見せることができなかった。 彼の内心は、質問・答弁時間に「靖国参拝は外国がやめろと言ってやめる問題ではない」と話したことで、そのまま表れた。

 麻生外相はこの日、日本を「アジアの安定勢力(stabilizer)」と規定した。 東アジア共同体の実現に対する強い意欲も表した。 来週にはマレーシア・クアラルンプールでこれを議論する「ASEANプラス3(韓中日)」首脳会議と東アジア首脳会議(EAS)が開かれる。 だが、今年は、99年から毎年別途に行われていた韓中日3カ国間の首脳会談と外相会談はなくなった。 その原因は誰よりも日本がいちばんよく知っているはずだ。 こうした点で日本はアジアの安定勢力どころか、東アジア地域統合議論の最大の障害物でないか再確認してみるべきだ。

イェ栄俊(イェ・ヨンジュン)東京特派員 <yyjune@joongang.co.kr>

朝鮮日報 2005/11/29 17:32

韓国政府、麻生炭鉱に強制連行があったか日本に関連資料要求

 政府は29日、韓日遺骨調査協議会の第3回目の会議で麻生太カ外相が家業として引き継いできた麻生炭鉱の強制連行実態に関する資料を要求した。

 麻生炭鉱は、相次ぐ暴言により物議をかもしている麻生外相の父、麻生太賀吉元衆議院議員が日本植民地時代に運営していた。

 政府当局者は「日本植民地時代、日本企業が韓国人を徴用し、死亡者も多かったと推定されているが、日本政府の調査結果は期待にそぐわないもの」と伝えた。

 また、「麻生炭鉱についても既に調査を要求しているが、日本側はまったく情報を提供しない」とし、「麻生炭鉱は福岡で最も多くの韓国人を徴用した企業として知られていることから、調査をすべき」と主張した。

 日本側はこのような要求に対し、「調査してみる」と答えただけで、明確な返答をしていないとされている。日本人学者と法律家など専門家で構成された「在日本朝鮮人強制連行真相調査団」の調査結果によると、麻生鉱業の徴用者数は1万623人におよぶ。日本の作家の林えいだい氏らが執筆した『清算されていない昭和』という本では麻生鉱業の低賃金や作業環境の劣悪さが紹介されている。

朝鮮日報

朝鮮日報  2005/11/30 20:10

【12月1日】父子相伝

韓国「麻生炭鉱の韓国人徴用犠牲者を実態調査せよ!」

麻生太郎外相(妄言の常連)・故麻生太賀吉(麻生鉱業を経営)父子
「笑えるーっ」

東亜日報 NOVEMBER 28, 2005 05:44

麻生外相、「韓・中だけが神社参拝を批判…気にしなくていい」

日本の麻生太郎外相が小泉純一郎首相の靖国神社参拝と関連して、「靖国の話をする国は、世界で韓国と中国だけだ」とし、「気にしなくていい」といった卑劣な発言をした。

麻生外相は26日、金沢市内で開かれたある講演でこのように述べ、「(靖国問題によって)日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気にしなくていい」と主張した。

麻生外相の発言は、小泉首相の靖国神社参拝に対する韓国や中国の反発に対して、「誠意を持って真剣に説明し、両国政府と国民の理解を求める」と言っていた以前の態度とは相反するものだ。

麻生外相は25日の東亜(トンア)日報との書面インタビューで、「韓国との関係は日本として最も重要な関係の一つだ」としながら、△相互交流による信頼の増進、△歴史問題に対する適切な対応を含む未来志向的協力、△東アジア情勢における協力強化に努めることを確認した。また、「日本外交が米国のみを重視して、隣国を疎かにしているのではないか」という質問に、「韓国、中国などの隣国との関係は、米国との同盟に劣らず重要な日本外交の軸だ」と強調していた。

東京の外交街でも、麻生外相の発言は、韓国と中国の批判を無視するという意味に解釈される素地のある問題発言だという批判が出ている。

一方、外務省の谷内正太郎事務次官は25日、「北朝鮮の日本人拉致は非人道的な行為であり、日本はこれを真正面から扱わなければならない」とし、北朝鮮の人権問題を担当する人権大使を新設する計画を明らかにした。

朝鮮日報 2005/11/29 06:59

日本の外相の嘆かわしい発言

日本の外相の嘆かわしい発言

 日本の麻生太郎外相が、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連し「靖国の話をするのは世界で中国と韓国だけ」と「気にしなくていい」と放言した。麻生外相は、「(首相の神社参拝問題で)日本が孤立しているとか、好かれていないとか、どうでもいいことは気にしなくていい」 と述べた。

 なんとも嘆かわしい発言だ。麻生外相は小泉首相の靖国神社参拝を批判する韓・中両国に対して「いくら騒ぎ立てても、微動だにしないから勝手に騒ぎ立ててみろ」と宣言したも同然だ。

 麻生外相は、外相になる前に、「創氏改名は朝鮮人自らが希望していたこと」といった妄言を頻繁に行なってきた人物だ。

 日本の占領軍司令官だったマッカーサーが、日本の精神的年齢は未成年者に過ぎないと述べたことを連想させるような発言だ。

 麻生外相は、日本政界の妄言系譜に照らし合わせて、日帝の侵略に直接加わったり、同調した「妄言1世代」と80年代に歴史教科書歪曲を煽り立てた藤尾正行元文部大臣などの「妄言2世代」の後を受け継ぐ、いわゆる「妄言3世代」だ。彼らは先般の内閣改造によって小泉内閣の中心勢力として浮上した。

 彼らのほとんどは、日本が韓国やアジア諸国で犯した過去の罪状を知らない戦後世代で、「日本はもう充分謝罪したので、これ以上ぺこぺことする必要がない」と考える人々だ。彼らの言動については、中曽根元首相のような年配の保守右翼の人物すら心配するまでに至った。

 なかでも、米日関係さえ良ければ、アジアとの関係はどうでもいいというような極端なアジア軽視主義傾向を警戒する声が強まっている。

 小渕元首相時代に韓日関係の改善に貢献した小村元外相も、「アジアから信頼されない日本は米国にとっても魅力を感じないだろう」と苦言を呈している。

 日本の政治リーダーたちが、今のように国際的なならず者のような言動を続ける場合、北東アジアの秩序は、日本はもちろん、すべてのアジア諸国が望んでいない方向に流れてしまうかもしれないという事実を懸念するとともに、この点を日本の政治リーダーたちに厳しく警告する。

中央日報 2006.02.01 13:33:43

【社説】日本外相の浅薄な歴史意識

 「天皇の靖国神社参拝がいちばん望ましい」 日本外相の麻生太郎氏の言葉だ。

 話にならないことはない。

 日本を象徴的に代表し、なおかつ戦争責任から自由ではない天皇が直接すればよいという話であるだろう。

 しかしいくら総裁選挙を目前にした政略的発言でも言うべきこととそうでない言葉がある。多くの日本の神社をめぐり韓国も中国も物申したことはない。ただ靖国神社に対してのみ言うのだ。

 なぜか?

 靖国は日本帝国主義の侵略歴史を美化する代表的な宗教機関だからだ。

 一度聞いてみよう。

 これまでの天皇が靖国神社を参拝したのか。われわれが知っているのは天皇は太平洋戦争A級戦犯の位牌が靖国に移された1978年以後、参拝を中断している。

 なぜか?

 その合祀の意味が侵略戦争の美化に触れたためだ。それなのに麻生外相は「タバコを吸うなと言えばもっと吸いたくなるのと同じ」と首相の靖国参拝を擁護した。それとともに天皇の参拝を促した。一言で政略的戦線の拡大であり、政治的出世のためならどんな手段もいとわないという切迫さが感じられる。

 一国の、それも国連の安保理常任理事国を狙うという国の外相がアジアの多くの人々に忘れられない傷をつけた侵略歴史問題を喫煙心理にたとえるとは。所信をうんぬん述べては靖国参拝を続ける小泉首相さえも、今回はあわてて「個人的意見」だと言いながら鎮火に乗り出したほどだ。

 麻生外相が「隣近国家とは良い関係を結びにくいというのが私の基本認識」と言ったことは知っている。総務相時代「創氏改名は朝鮮人が願ったこと」と言ったことも覚えている。

 それでは彼を任命した小泉首相は何か。その首相に外相か。こんな批判も内政干渉だろうか。それとも酷い、過去に対しての絶え間ない自主合理化だというのか。

 もう一言だけ言おう。

 ワイツゼッカードイツ元大統領の1985年演説。

 「記憶するということは過去を歪曲せずに振り返り、自分の内的な生の一部になるようにすることだ。これには真の誠実さが要求される」

関連記事