日韓友好のため韓国の新聞を読もう

言語政策

中央日報 2005.01.04 20:18:16

【噴水台】国語と韓国語

 小寒の寒さが厳しい。 「大寒さんが小寒さんの家に行って、こごえ死ぬ」という昔の話が再び実感できる。 大寒さんは誰で、また小寒さんは誰だろう。 漢字を知らなければ、理解しがたい言葉だ。 大寒、つまり最も厳しいはずの寒さのときより、小寒、小さな寒さとされる節気が最も寒い、という祖先の知恵がにじんでいる。 漢字語を借りず、固有の言葉だけでは不便で、不足なのが韓国語の運命だ。

 もちろん、行きすぎた場合も多い。 英韓辞書が、その代表的な例だ。 相応する固有の言葉があるにもかかわらず、敢えて難しい漢字を使う。「ナム」と移せば済む「other」を「他人(タイン)」とし、「ビョルトン」というきれいな言葉の代わりに「流星(ユソン)」という難しい言葉を固守する。 日本の辞書の影響で、和風の漢字語が韓国のものであるかのように使われてきた、というのが大方の専門家の見方だ。 1910年の韓日併合以降、植民地になった朝鮮(チョソン、1392〜1910)の言葉と文が行き抜いたトンネルは、こうして抜け出しがたいほど厳しく、深く、大きかった。 ややもすれば失うところだった韓国語を守り、育てた、ウェソル・崔鉉培(チェ・ヒョンベ)先生の『ウリマルボン(韓国語本)』に日本製漢字語が出てこざるを得ないのが、ここ100年にわたる韓国人の言語慣習の現実である。

 去年の暮れ、国会本会議で可決された「国語基本法」は、韓国語歴史に残るべき大きな一歩だ。「大韓民国の公用文書はハングルで書く。 ただし、しばらくの間、必要とされる場合は漢字を併用できる」という、1条だけの「ハングル全用(正しい使用)に関する法律」が制定された1948年以来、初めて韓国語の保全と発展に向けた骨格が作られた。 だが「韓国語が民族最高の文化遺産であり文化創造の原動力」であることを基本理念にした「国語基本法」は、文化の自主性が大勢である時代の流れに逆らっているような印象を与える。 ▽5年ごとに国語発展基本計画を打ち立てて、施行し▽国民の国語能力への検定を行い▽専門用語の標準化を行う−−など、外へ向かって開く形ではなく、うちの方から閉じてしまう形だ。 漢字関連の条項を含ませるべき、だという元老国語学者の建議は受け入れなかった。 「排他的民族主義」の影が濃い「国語(National Language)」より、客観的な表現である「韓国語」に変えよう、との意見も無視された。

 表面的には、ハングル学会と漢字教育国民運動連合が競合しているように見えたりもするが、なかみを見てみると、そのように単純なものではなさそうだ。 ハングル全用派と漢文混用派の戦いの歴史はながい。 国家主義と批判されている「国語純化運動」の亡霊がうろついているような気もする。 生命体のように動く言葉と文を、法と力でもって規制できない、との事実を人類史は見せてくれたはずだ。

鄭在淑(チョン・ジェスック)文化部次長

中央日報 2001.07.05 22:00:21

【噴水台】造語後進国

 中国共産党が日本の帝国主義と国民党をはね除けて広大な大陸を掌握し1949年新政権を樹立する際、国名を決める問題で頭を悩ませたそうだ。

 共産主義の理念を具現する人民の国家という意味を盛り込まなければならないが、漢字でできた近代的な概念語の大半が日本製だったからだ。特別な代案もなかったために、結局自尊心を捨てて「中華人民共和国」と定めたわけだ。

 「中華」は中国製だが、「人民(people)」と「共和国(republic)」は日本製単語だ。明治維新(1868年)を前後とし、西欧の文物と思想を率先して輸入した日本の知識人らの血のにじむような努力が、漢字宗主国の国名にまでに影響を及ぼしたわけだ。

 我々が日常的に使っている漢字語のなかには、開化時代、日本が作った用語が数え切れないほど多い。文化、文明、思想、法律、経済、資本、階級、分配、宗教、哲学、理性、感性、意識、主観、客観、科学、物理、化学、分子、原子、質量、固体、時間、空間、理論、文学、美術、喜劇、悲劇、社会主義、共産主義…。

 明治時代の思想家である福沢諭吉は、こうした造語に貢献した代表的な人物だ。speech→演説、debate→討論、copyright→版権、などの訳語が福沢の作品だ。

 韓国人に耳慣れた単語である「民族」も、正してみると宮崎という日本人が1880年代にフランス語「Assemblee Nationale(フランス下院)」を「民族会議」と翻訳したところから始まったものだという説が有力だ。「民族」は1890年代に入って初めて韓国語に編入された。

 100年以上経った今、少なくない学者らは、日本がつくった概念語を翻訳過程の苦悩と試行錯誤を省略し、結果物だけを受け入れた韓国社会の「知的ぜい弱性」を新たに指摘している。例えば「society」の日本製訳語「社会」を使う韓国人は、単語本来の意味をきちんと消化できないということである。

 いずれにしても、すでに受け入れたものは仕方ない。しかし、今からでも訳語であれ造語であれ、なるべく正確かつ美しくする努力をすべきではなかろうか。

 政界で「特権層の同盟」「極右同盟」「殺民政権」といった険悪な造語を乱発したり、「サクラ(注:野党議員が与党議員と裏で結託するという意味の俗語)」のように日本色の濃い以前の政界用語まで使っているのを見る限り、韓国人は依然として「造語後進国」と言わざるを得ない。

盧在賢(ノ・ジェヒョン)政治部次長 <jaiken@joongang.co.kr>

KBS 2005-10-05 17:28:54

「英語を公用語に」賛否ほぼ同じ

韓国人は韓国語と英語を国の公用語にすることについて賛否の割合がほぼ同じであることが分かりました。

国立国語院が来週9日のハングルの日にちなんで初めて行った国民を対象とした世論調査によりますと、英語を韓国の公用語にすることに「賛成」は36%、「反対」が37%、「分からない」が26%でした。

英語を公用語にすることに賛成する理由は「国家競争力を高めるため」が最も高く、反対の理由は「全国民が英語を自由に話せるわけではない」「今の学校での英語教育で十分だ」などです。

また「韓国語の美しさを100点満点で何点だと思いますか」という問いに、応答者の平均は67点で、「美しい国語が何か」の質問には「純粋な韓国の言葉」「敬語が使われる言葉」「標準発音と文法に合う言葉」の順でした。

そのほかに「周りの人たちの話すスピードが速くなった」66%、「尊敬語をあまり使用しなくなった」74%、「知らない流行語が多くなった」78%、「俗語を使用する人が多くなった」75%、「外来語を使う人が多くなった」73%でした。

東亜日報 OCTOBER 08, 2005 07:57

1957年、ハングルは生まれ変わった

1945年9月8日、京城駅(現・ソウル駅)構内の朝鮮通運倉庫。貨物を見て回っていた駅長が、大きな箱の前で足を止めた。そして短い嘆声をあげた。

「あっ、これだ。」

少し前、国語辞典の原稿を探して自分を訪ねてきた、朝鮮語学会の人たちの焦すいした姿が頭に浮かんだ。駅長は急いで朝鮮語学会に連絡をとった。

原稿用紙2万6500枚あまり。1929年から編纂作業が進められてきた「チョソンマル クンサジョン(朝鮮語大辞典)」の原稿だった。組版作業に入った1942年、「朝鮮語学会」事件が起き、証拠物という名目で日本の警察に押収された原稿、独立を経て行方不明となった原稿だった。どこにも見当たらず、学会のメンバーを憔すいさせたその原稿が、ついに朝鮮語学会の手に戻ってきた瞬間だった。

2年後の1947年10月9日、「朝鮮語大辞典」1巻が発刊された。また、10年後の1957年、「大事典」(「朝鮮語大辞典」から「大辞典」に改称)全6巻が完刊された。初の、まともな韓国語辞典の誕生である。

1907年、初めて国文研究所を設立し、韓国語辞典の必要性を論議し始めた時から、1957年「大辞典」が完刊されるまで、ちょうど50年。万が一、ソウル駅で原稿を探し出せなかったら、我々はさらにどれほど長い歳月、韓国語辞典を待たなければならなかっただろう。

この本には、韓国語辞典編纂50年の歴史がそのままつづり込まれている。著者は圓光(ウォングァン)大国文科教授。日本占領期から独立以後まで、辞典編纂の至難な過程、韓国語を守り研究し辞典を作るのに生涯をささげた人びと、編纂過程でのさまざまな論争など、辞典編纂に関するすべてがドキュメンタリー形式で書かれている。韓国で初めて書かれた国語辞典編纂史ともいえる。

著者は、「まともな韓国語辞典が出たことによって、ハングルが完全に生まれ変わった」と強調する。だから、本のタイトルも「韓国語の誕生」と決めた。

実は、1957年以前にも、韓国語辞典はあった。しかし、すべて薄く小さな本で、韓国語をまともに集大成したものではなかった。著者は、「1957年に刊行された『大辞典』こそ、数多くの人々の努力が集大成され、民族的権威を認められた団体(朝鮮語学会、ハングル学会)によってつくられ、出版以後、他の辞典の模範となった点で、真の国語辞典」と言う。

本書を読んでいると、辞典編纂の50年史は、わが国の言葉と文化を守り抜くための民族独立、民族自尊の歴史だったことが容易に理解できる。特に、辞典編纂に心身を尽くした人びとの話は感動的だ。

日帝時代に、開城松都(ケソン・ソンド)高普の朝鮮語教師だった李常春(イ・サンチュン)。辞典の必要性を深く感じた彼は、1919年から、韓国語語彙を収集整理した。10年間集めた語彙はなんと9万余語。個人がこれほど多くの語彙を辞典用原稿に起こすのは至難のわざだ。そのため、彼は1929年、その原稿を朝鮮語辞典編纂委員会に快く寄贈した。彼の寄贈は、辞典編纂にとって決定的な力となった。当時、東亜(トンア)日報は「ハングル辞典に大きな礎」というタイトルで、この事実を大々的に報道した。1942年、朝鮮語学会事件で辞典編纂が中断されると、自ら命を絶って抵抗した申明均(シン・ミョンギュン)の生は、読者を粛然とさせる。

韓国語研究の方向を定めた李鳳雲、池錫永、李能和(イ・ボンウン、チ・ソクヨン、イ・ヌンファ)、国語学の父・周時経(チュ・シギョン)など、私たちになじみの深い国語学者たちの話、国文研究所、光文(クァンムン)会、朝鮮語学会など韓国語研究団体の話も入っている。

辞典編纂過程での各種エピソードも興味深い。1930年代の方言を集めるため、休みに故郷へ帰る学生ボランティアなどを活用したこと、表記法と綴字法についてし烈に行われた論争、これらの論争によって辞典編纂が遅れたこと、個人的に作った辞典原稿を手に入れるため編纂委員会メンバーが中国・上海などまで探しに行ったこと…。このようなエピソードは、ただおもしろいだけではない。一つ一つの逸話から、数多くの人々の流した血と汗がともに伝わってくる。

関連記事
 建設業界 日本語を排除してイメージアップ
 “日帝の残滓を取り除こう”キャンペーン