日韓友好のため韓国の新聞を読もう

核開発疑惑 韓国の非は認めない

中央日報 2004.11.29 19:52

【取材日記】安保理付託されず、安心?

 26日午後4時、オーストリア・ウィーンの国際原子力機関(IAEA)本部・4階の大会議室を出た韓国代表団は、安どの胸をなで下ろした。祭りの日のように喜色満面だった。この3カ月間にわたって続いていた核関連実験事態が一段落したからだ。当初、懸念していた「国連安保理行き」を防ぎ、議長総括にとどまった。ある韓国政府当局者は「すべて終わった。運悪く、大したものでもないのに、ここまで至った」と話した。

 しかし、果たしてすべて終わったのだろうか。残念ながらも、現地の雰囲気はそうではない。フレミング・IAEA副スポークスマンは「報告書が指摘した『深刻に懸念される事項』は、額面通りに受け取らなければならない」と話した。フレミング副スポークスマンは「万が一、追加査察の過程でもう一つの深刻な申告漏れが確認される場合、次回の理事会で再び協議することもあり得る」と付け加えた。

 エルバラダイ・IAEA事務局長が理事会の開幕報告で「IAEA専門家の評価で、核拡散が懸念されたり隠ぺいがある、との判断が下される場合は、理事会に報告される」としたのも、同じ脈絡から考えられる。事実上、韓国政府当局にとって、悔しく思える側面もなくはない。実験に使われた核物質も微量で、その大半が約20年前に行われたものだ。イラン・リビア・北朝鮮など「ならず者国家」が行った明白な「核兵器開発意図」のものとは異なる実験だ。

 しかし、国際社会の視線は冷たい。もちろん、一部外信と特定の国家が、疑惑を膨らませたのも事実だ。だが、韓国政府の最初の対応も未熟だった、との点を見過ごしてはならない。政府当局者が「なんでもない」、「知らない」と、いい加減な説明を繰り返し、疑惑が雪だるまのように膨らんだからだ。今回の事態は「実際、何でもないことでも、誤った対応をすれば、このようなことになり得る」という厳しい教訓を与えている。

 核不拡散をめぐる国際社会の管理体制が非常に厳しくなった、との点も肝に銘じなければならない。「われわれは堂々としている」、「悔しい」などの感情的な対応だけでは、IAEA査察団を納得させることができない。IAEAは12月に、査察団を韓国に再び派遣するなど監視の度をゆるめずにいる。すべての問題がきちんと整理されていない、とのことである。油断は禁物だ。

柳権夏(ユ・クォンハ)ベルリン特派員 < khyou@joongang.co.kr >

 あくまでも、韓国に非はなく、「大したものでもないこと」に難癖を付けられたかのような態度に終始している。
核物質の量の多少や開発目的が問題でなく、条約違反で隠れて核開発したことが責められている。
さらに、当初過小に申告し後から違反事実が続々と明らかになったことで不信感が高まっていった。

国際社会は、核物質がテロリストに渡ることを恐れている。
核拡散を防ぐという国際社会への貢献には何ら関心を示さず、被害者意識を持ってただ韓国が不条理に攻撃されていると愚痴をこぼしているだけだ。