日韓友好のため韓国の新聞を読もう

ベイビーボックス、米連邦裁に訴えられる

中央日報 2004.08.30 16:30

ベイビーボックス、米連邦裁に訴えられる

 ベイビーボックスが2PACの音源を使用したことに関連し、米連邦裁に訴えられた。

 2PACの著作権を所有するアマル・エンターテイメントは7月22日、ロサンゼルス連邦民事地裁に、ベイビーボックスと、2PACの音源をベイビーボックスに提供したトリニティ・ホーム・エンターテイメントなど関連6社を相手取り、2PACの著作権を侵害したとして損害賠償請求訴訟を起こした。

 ベイビーボックスは今年春に発表した7枚目のアルバムに、トリニティ・ホーム・エンターテイメントから使用許可を受けた2PACの音声を使用、2PACの映像DVDをアルバムに収録した。

 アマル側は今回の訴訟で、米国内の広報および販売、マーケティング禁止を骨子とした仮処分申請も出した。 訴状では、「ベイビーボックスとその所属社DRミュージックが、興行のために2PACの音楽、映像およびトレードマークの2PACを無断で使用し、アルバムの広報と販売をしてきた」と主張した。

 アマル側は今回の訴訟で、大韓航空も訴訟に含めた。 ベイビーボックスのアルバムに大韓航空のロゴが印刷されており、ミュージックビデオ撮影時に滑走路を提供して共同マーケティングを行ったという理由だ。 ベイビーボックスは大韓航空の広報大使。

 これについてベイビーボックスの所属会社側は、「われわれは2PACのミュージックビデオ版権を持つトリニティホームエンターテイメントと正当な契約を結んだ」とし、「仮処分申請が受け入れられた場合、控訴する計画だ」と明らかにした。

関連記事