日韓友好のため韓国の新聞を読もう

アメリカにサイバーテロ

朝鮮日報 2002.02.21(日)15:21

「不公平な判定」ネチズンの怒り爆発

 「我々は金メダルを盗まれた」 
 21日(韓国時間)、米国のソルトレークシティー・アイスセンターで開かれた冬季五輪・ショートトラック男子1500メートル決勝戦、韓国の金東聖(キム・ドンソン/22/高麗大)選手が失格し、金メダルが米国のアポロ・オーノの手に渡ったことで、ネチズンの怒りが爆発している。

 ネチズンは今月17日、アン・ヒョンスと金東聖がショートトラック1000メートルの予選リーグと決勝戦で、審判が不利な判定を下し、失格したのに続き、この日、またも釈然としない判定で金メダルを「奪われた」ことに対して憤慨している。

 この日、インターネットの各掲示板には「冬季五輪にこれ以上参加する理由がない。 ボイコットせよ」、「米国は韓国の若い選手たちの血汗が滲んでいる金メダルを盗んだ」という鬱憤と怒りが込められた文章で埋め尽くされた。

 また、「今日の午前零時に冬季五輪の公式ホームページ(www.saltlake2002.com)をダウンさせよ」というサイバーデモを督励する内容や、サイバーデモ用のプログラムを配布するウェブサイトの案内が相次いで掲示されている

 ネット上で行われている投票では21日午後2時現在、約9万6000人が参加し、95%のネチズンが「正当でない」に投票している。

朝鮮日報 2002/02/22 19:50

韓国「閉会式のボイコットも検討」

 米ソルトレークシティー冬季五輪が米国寄りの不公平な判定疑惑で色あせている。ロシア、日本など他の国家もこれに反発するなど、国際社会問題へと飛び火する動きを見せている。
 金東聖(キム・ドンソン/高麗大)選手がショートトラック男子1500メートルで失格処理された21日から、大韓体育会の事務室には市民の電話が殺到し、ネチズンも国際オリンピック委員会(IOC)サイトに対しサイバーデモを行うなど、一般国民の怒りも爆発した。

▲国際社会の反応=ロシア五輪委員会(ROC)は世界的スターのラリーサ・ラズティナがレース前の血液検査で不適格判定を受け、距離スキーレースの出場を差し止められると、一時「選手団の引き上げも考慮する」と明らかにするなど、強く抗議した。ロシア側は「韓国や中国、ウクライナも不公平な判定で屈辱を受けた」と述べた。

 今月17日開かれた試合で自国の寺尾悟選手が失格判定を受けた日本のマスコミも、金東聖選手の失格を大きく取り上げた。読売新聞は虚しさを隠せない金選手の写真を1面に載せ、「判定に負けた」という見だしを付けた。朝日、毎日各紙も社会面のトップで金選手の悔しい事情を報じた。

 このように事態が発展すると、国際オリンピック委員会(IOC)が今回の判定疑惑に対して論議することとした。金雲龍(キム・ウンヨン)大韓体育会長はこの日、「韓国選手団の記者会見を見守ったジャック・ロゲIOC委員長が、23日午前開かれる執行委員会に出席するよう要請してきた」と明らかにした。

▲韓国選手団の対応=韓国選手団(朴聖仁(パク・ソンイン)団長)はこの日、現地で記者会見を開き、「ソルトレークシティー現地の法律会社の諮問を得て、ジェームス・ヒューイッシュ主審(オーストラリア)をはじめ、5人の審判を米地方裁判所に提訴する」と発表した。また、不公平な判定が修正されない場合、選手団の閉会式のボイコットも検討していることを朴団長は明らかにした。

▲ネチズンの怒り=ネチズンの「サイバーデモ」は二日連続で続けられた。ネチズンは大統領府をはじめ、Yahoo、ダウムなどポータルサイトの掲示板に数十万件に達する怒りに満ちた意見を載せた。一部のネチズンはIOCや米国オリンピック委員会(USOC)、アポロ・オーノ選手の個人ホームページまで探し出し、数十万通の抗議メールを送り、サーバーをダウンさせたりもした。あるネチズンは「ミスジャッジと不正で汚れた冬季五輪は“くそ”五輪になった」と鬱憤をぶちまけた。

 ネチズンの憤慨は反米感情にまでつながった。チョンリアン(www.chollian.net)が2490人を対象にアンケート調査を行った結果、「ワールドカップ(W杯)で韓国が必ず勝つべき国」に93%が米国を挙げた。国防部のホームページなどには「信用を失った米国のF-15戦闘機を購入してはならない」という意見が寄せられた。大統領府のホームページ掲示板にも抗議意見1万件余りが寄せられた。

ソルトレークシティー(米ユタ州)=姜鎬哲(カン・ホチョル)記者       金成潤(キム・ソンユン記者)

朝鮮日報 2002/04/12 20:21

FBIが「オーノ選手への非難メール」捜査を依頼

 今年2月に行われた米ソルトレーク冬季オリンピックの際、ショートトラック競技に出場した金東聖(キム・トンソン)選手の判定問題と関連し、韓国のネチズンが米国のアポロ・アントン・オーノ選手とホワイトハウスに大量の非難メールを送り、これに対し米FBI(連邦捜査局)が先月、韓国の警察に強力な捜査を要請していた事実が12日に明らかになった。

 ソウル警察庁は、先月はじめ、米大使館のFBI派遣要員が電話で「オーノ選手とホワイトハウス関係者などのメールアドレスに韓国のネチズンからの暴言メールが殺到している」とし、この事件に対して韓国の警察が捜査することを要請してきたとした。

警察はしかし、先月末、「相当数の電子メールが全国のPCバン(パソコンやインターネットを自由に使用できる有料施設)などから送られたものであるため、追跡は不可能」という理由で捜査を終結した。

 FBIは捜査依頼当時、韓国の警察に対して「このような非難メールは誰かが組織的に送ったものであると思われる」とし、捜査が始まった後も捜査の進行状況を問い合わせ、「早く捜査して欲しい」と催促までしたとしている。
 警察の関係者は「米国側がPCバンを中心とした韓国のサイバー文化全般について理解できていなかったため、捜査の困難な点を説明するために苦労した」と述べた。

米国のオリンピック委員会(USOC)は2月21日、ショートトラックの1500メートル決勝戦が終わってから約9時間の間に1万6000通あまりの電子メールが殺到し、サーバーを麻痺させるなど、オーノ選手に対する非難メールが大量に送られてきたことに対し、FBIが捜査を始めたと明らかにしている。

白承宰(ペク・スンジェ)記者

 このサイバーデモとは、日本の法律では威力業務妨害となるれっきとした犯罪行為。
この記事は、犯罪を諫めることなく、逆に煽るような報道をしている。

関連記事