日韓友好のため韓国の新聞を読もう

冷遇される理系・技術者

朝鮮日報 2004/02/27 18:29

「理工系を首席卒業しても意味がない…」

 ソウル大学と延世(ヨンセ)大学を首席で卒業するという栄誉に預かった理工系の学生たちが卒業後に進路を変えるなど、韓国社会が直面している理工系の現実を改めて実感させている。

 今月26日、ソウル大学の学位授与式で「最優秀卒業生(評点4.26(4.3満点))」となったパク・サンジュン(22/物理学科)さんは、4年間の成績が4科目以外はすべて「A+」だった。

 パクさんは卒業を前に、自分の専攻の勉強を並行して続けることができる兵役特例の申し込みをしようとした。しかし幾つかの軍隊に問い合わせたものの、純粋学問である自分の専攻と合う特例の席は残っていなかった。結局パクさんは今年上半期中に通訳兵として現役入隊することを決心した。

 パクさんは「練兵場(軍隊の兵士たちが訓練を受けるところ)を転がって身体を鍛えることにした」とし、「勉強は軍隊を除隊した後、改めて始めるつもり」と話した。

 満21歳で「最年少卒業生」となったパク某(工学部・機械航空工学部)さん。2001年に入学し、3年で早期卒業したパクさんは、来学期から同大の歯学部に編入する予定だ。パクさんは「理工系の危機」と関連した記事に自分の名前が出ることを固く拒否した。

 また、今月23日、延世(ヨンセ)大学の学位授与式で首席卒業したチェ・ボユン(女性/22/食品栄養学科)さんも、今年9月から同大の原州(ウォンジュ)キャンパスにある医学部に編入する。

 チェさんは「医師になる夢を1日も早く実現させるため、夏休みや冬休みも、皆がしているような語学研修やバックパック旅行もせず、時間を惜しみながら、自分に厳しく3年6学期を過ごした」と話した。

 「最近の傾向のように“収入”のためだけに医学部に進むのではない」と強調するチェさんは、「しかし目的を持って理工系を選択した友人たちが、どうしてそれほどまでに深く進路について悩むのかは充分に共感できる」と話した。

チェ・ソンジン記者 dudmie@chosun.com

東亜日報 OCTOBER 29, 2005 03:14

急がれる理工系人材育成

政府の度重なる理工系人材育成の約束にもかかわらず、世界最高水準を誇る技術人材の現場離れが深刻になっている。

28日に東亜日報が入手した2005年度の技能奨励金支給の現況によると、歴代国際技能オリンピック大会の受賞者10人中2.5人が、自分が保有している技能とは関係のない他の分野に携わっていることが明らかになった。

韓国は、初めて参加した1967年のスペイン・マドリードの技能オリンピック以来、今年まで、金メダル234名、銀メダル108名、銅メダル76名の計418名のメダルリストを輩出し、14回も優勝するなど、「技術コリア」の名声を世界に響かせた。

しかし、メダルリストのうち、1年間同一の分野に従事しなければならないという条件を満たし、今年の技能奨励金の支給対象者になった人は317名で、全体の75%にとどまった。

技能・技術者に対する韓国社会の冷遇と政府の無関心は、彼らの挫折と理工系への忌避を深化させ、国家競争力の源泉である製造業の基盤を崩しかねないという深刻な懸念を生んでいる。

技能オリンピック受賞者への奨励金の財源である技能奨励積立金は、当初500億ウォン規模を目標に出発したが、政府の投資中断で現在100億ウォン余りしか残っておらず、枯渇の危機に直面している。

技能資格所持者を優先的に採用する技能奨励法も勧告規定にとどまり、有名無実化している。

政府は今年初め、技能大学教授の採用にあたり、学歴にとらわれず名人や技術職人を選抜すると発表したが、彼らの中から採用された例はない。

技能・技術者に対する冷遇は実業系高校の危機につながっている。先月、教育人的資源部の国情監査資料によると、実業系高校生は1995年のおよそ91万1000人から、今年の50万人へと急減した。

釜山(プサン)大経営学部の゙永福(チョ・ヨンボク)教授は、「技能・技術者に対する冷遇は瞬時に国内製造業の危機を加速する恐れがある」と警告した。

朝鮮日報 2005/06/06 16:01

「学者の卵が足りない」 うなだれる科学界

 乳牛2頭にニワトリとひよこが50羽あまり…。貧しい農家の畜舍ではなく、水原(スウォン)にあるソウル大獣医学部の大動物研究所の風景だ。獣医学部の学生たちはここで年に5〜6回、簡単な実習をする。

 定年退職を90日後に控えた獣医学部の韓弘栗(ハン・ホンユル)教授は、数日前の記者との電話インタビューで、「最近の学生は皆、犬にしか関心がなく将来が思いやられる」と話した。

 牛やブタ、ニワトリといった動物には関心を示さず、揃いも揃って「カネになる」動物病院の獣医を目指すというのだ。

 韓教授は「ソウル大獣医学部は黄禹錫(ファン・ウソク)教授の研究に大して支援していない」とし、「胚性幹細胞の研究は黄教授が一人で努力し、勝ち得た奇蹟」と語った。韓教授は黄教授の学生時代の師匠でもある。

 黄教授は今年2月、自分を獣医学部長に選出しようとする案が持ち上がった時、「私はソウル大校内の獣医生物工学研究室で実験に沒頭することもできるが、獣医学の本流である大動物研究所がこのような状態に陥ってしまったことを見過ごすわけにはいかない」とした。

 純粋物理学を専攻するイ某(46)教授は最近、宇宙誕生の秘密を解明する研究を、東京大学と共同で行っている。国内には共同で研究する学者がいないというのがその理由。

 イ教授は「日本でも医大の人気は高いが、われわれと違うのは科学に対する純粋な知的好奇心を持った学生が今も育っている点」と話した。

 ソウル大化学学部の某教授は「現在、韓国の理工系を例えて言うならば、危機という言葉では足りない位」とし、「学問の代が途切れようとしており、10年もすれば永遠に回復不可能となるだろう」とした。

 黄禹錫教授の業績に、国民は「韓国にも最高の科学者がいる」と誇らしげに感じている。

 しかし、第2、第3の黄禹錫の出現する可能性について問われる時、科学界は首をうなだれるほかないのだ。

李性勲(イ・ソンフン)社会部記者 inout@chosun.com