日帝の蛮行写真? プロパガンダ捏造写真で反日煽動

中央日報 2004.02.17 20:50

旧日本軍の蛮行写真30点公開

 旧日本軍が白頭山(ぺクドゥサン)頂上の天池(チョンジ)に鉄杭を打ち込むなど、日本植民地時代の各種蛮行を物語る写真が大量に公開された。時事週刊誌「週間朝鮮」は18日発刊の最新号(2月26日付)に、こうした写真30点を掲載した。

 洪思光(ホン・サグァン)韓国社会文化研究院理事長(50)とチョン・ソンギル啓明(ケミョン)大ドンサン医療院名誉博物館長(63)が収集したこれらの写真は、ほとんどが未公開で、学界の関心を集める見通しだ。

 最も注目される写真は、韓民族の精気を断つために白頭山の天池に鉄杭を打ち込み、天皇の始祖神であり、日本人の先祖として知られる「天照大神」に祭祀を執り行う場面(1943)。 日本731部隊の人体実験および解剖室の光景、内臓が飛び出したまま倒れている女性の姿強姦される女性日本刀で首を切って処刑する場面などは、旧日本軍の野蛮性を表している。

 これらの写真は、洪理事長とチョン館長が収集した約1000点のうち、学界の考証と検討を経て、歴史的資料として重要な価値があるものだけが選ばれた。 洪理事長とチョン館長は個人的な関心から、私財6億ウォン(約6000万円)を投じて、日本、中国、ロシア、ドイツ、フランス、英国、オランダなど17カ国を回りながら7年かけてこの資料を収集した。

 韓国独立運動史研究所のイ・ミョンファ博士は「まだ公開されていない写真が多数あり、重要な歴史的史料になるだろう」と語った。

 悪質なプロパガンダ捏造写真で反日煽動しようとしているとしか思えない。
どの写真を使おうとしているか想像もつく。
「韓民族の精気を断つため」の鉄杭と言うのは、境界杭測量標識だし、残虐写真なんかは6000万円も必要なくインターネットでちょっと検索すればいくらでも手に入る。