日韓友好のため韓国の新聞を読もう

反米感情

中央日報 2004.10.06 20:43

【噴水台】反米感情

 ドルが引き潮のように流出した1997年の11月と12月。最悪のシナリオが現実に迫っていた。年末の予想ドル保有高はマイナス6億〜9億ドル。四面楚歌、お手上げ状態だった。手を出して金品を要求できる国は米国と日本だけだった。金泳三(キム・ヨンサム)大統領と金大中(キム・デジュン)次期大統領は、米国の処置のみ望むという苦しい立場だった。

姜慶植(カン・キョンシック)経済副総理は、11月16日にカムドゥシュ総裁と国際通貨基金の信託統治を受けることで合意した後にも、日本の大蔵大臣(18日)→米国財務長官(19日)との相次ぐ電話接触で、「大韓民国を助けてほしい」と哀願した。

クリスマスイブにプレゼントとして受けた「100億ドル支援早期執行」約束も、その2日前に金大中次期大統領がソウルに来た米財務次官の面接試験を通過して可能になった。毎日満期が到来する国内銀行の外債期限の延長は、国家不渡りと直結する厳しいものだった。米国が先進7カ国の政府に協調を依頼した。これら政府が自国銀行に「不渡りを出さないこと」を窓口指導したことで、韓国の経済生命は一日単位で延命できた。

そして歳月が流れ、今日に至った。

中央日報の調査で、革命の時代を生きたという386世代(36〜45歳)と感覚の世代というポスト386世代(20〜35歳)が、周辺5カ国のうち米国と日本を最も嫌う国に選んだのは残念だ。386世代の場合、米国が過去、韓国の独裁政権を庇護したという幼い頃の思い込みが、反米感情の出発点であるはずだ。ポスト386世代は、女子中学生死亡事件からイラク戦争に続く米国の帝国主義的指向が嫌なのかもしれない。

しかし世事に単色はない。国同士の関係も矛盾するが、どうしようもなくいろいろな要素が絡まっているモザイクのようだ。米国は韓国に嫌悪を与えることもしたが、有り難いことも数多くしている。386とポスト386世代の記憶に新しい通貨危機克服過程がその事例だ。有り難く思う必要があるかという見解もあるだろうが、米国の支援で国家不渡りという最悪の状況を免れた事実は否認できない。

一つの憎いことに執着し、他の良い面まで認めない態度は非現実的だ。一貫性が少し欠けてもいいのではないか。複雑な世の中に対する透徹な現実認識こそが、不確実性の世界をかき分けて進む美徳ではないかと思う。

全栄基(チョン・ヨンギ)政治部次長 < chunyg@joongang.co.kr >

朝鮮日報 2004/05/31 18:19

10代少女が街頭で会った米国人に突然叫んだ「ゴー・ホーム!」

 先月27日午後、メイヨー(60)さんは犬を連れてソウル・東部二村(トンブイチョン)洞のマンション周辺を散歩していた。25年前、韓国人の妻と結婚し、89年から主に韓国で暮らしながら雨の降る日以外は毎日散歩に出ていた。

 近所を一周し、マンションの入り口に近づいた頃、ベンチに座って話をしていた十代の少女4〜5人に会った。メイヨーさんは「ハイ!(Hi)」と笑って挨拶した。顔見知りではなかったが、メイヨーさんにとって挨拶は習慣だった。

 1人の少女が近づいてきて英語で「米国人ですか?」と聞いたので、「そうだ」と答えた。「米国のどこ出身ですか?」、「ミズリー州だよ」と答えるや否や、その少女は冷たく言い放った。「それなら、米国に帰ってください(Go home)!」

 メイヨーさんはあまりにも驚いて返す言葉を失ったという。まずその少女がなぜ自分にこんな無礼な発言をするのか全く分からなかった。メイヨーさんは家に戻り、妻(49)にこの話をした。腹を立てたのは韓国人の妻の方だった。「幼い子どもが目上の人に向かってどうしてそんなことを言うの…」

 しかしメイヨーさんは「韓国文化が変わったため、4〜5人の少女たちがそんな行動を取ったとは思わない」と話した。「16年間韓国で暮らしてきたが、誠実で目上の人を敬う暖かい心を持った韓国人の姿を見てきたから」と話す。

 今回のような事が起こるまで、「反米感情」というものは新聞で読んだだけだったとも話した。

 しかし韓国人の妻は「やるせなくなった」と話す。先日、本紙に送ってきた電子メールには、「米国という国に対し、どんな見解を持つかは各自の役目だが、自分になんの危害も与えない人に無礼な行動をして感情を害させるのは理解できない」と書かれていた。

 この夫婦は来月米国に帰る。永久帰国だ。

イ・ジヘ記者 wigrace@chosun.com

中央日報 2004.10.04 15:46:21

<世論調査>「2035」世代「我々は386とは違う」

 「ポスト386世代」(20〜35歳)がやってくる。(訳注:386世代:60年代に生まれ80年代に大学校に通い、現在30〜40代の世代)「ポスト386世代」とは、「386」(36〜45)以降の新しい若年層のことで「2035」に呼ばれたりもする。ポスト386世代は、386世代と様々な分野で衝突している。価値観・意識・指向で明らかな差を示す。

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権を誕生させた主役は386世代だ。しかし、政権スタートから1年8カ月が過ぎた現在、386世代は盧政権から遠ざかっている。その代わり、ポスト386世代がそのすき間の相当部分を埋めている。盧政権の主な支持勢力がポスト386世代に変わったのだ。ポスト386は、386より進歩的だ。相対的に、反米の指向が強い。

 大手企業が国民経済に寄与した程度について、ポスト386は386より厳しい点数をつけている。ポスト386は、386より「分配による正義実現」を強調する。半面、市場開放や外国文化の受け入れにはさらに積極的な態度を示す。ポスト386世代は、386世代より家族やとなりのことをあまり気にしない。386世代に比べて、さらに個人主義であり、職場への献身度も低い

 こうした現象は、中央(チュンアン)日報が創刊39周年を記念し行った世論調査の内容をまとめて分かったものだ。基本的な資料は、昨年7月、成均館(ソンギュングァン)大・サーベイリサーチセンターが行った「韓国総合社会調査(KGSS)」に基づいている。それを土台に、両世代の特性をしぼり、比較した。そして、先月8、9日、中央日報は、両世代の928人を対象に、政治分野を中心にし、電話によるアンケート調査を行った。

 386世代は40代になるにつれ、相対的に「保守化」しつつある。今回の調査で、36〜45歳は386(80〜87年に大学に入学した人)、20〜35歳はポスト386世代(88年度以降に大学に入学した人)に分類した。87年6月の民主化抗争を大学生として経験したか、それとも社会人として経験したかを、基準にした。

 中央日報の調査によると、386は、いまや与党「開かれたウリ党」(ウリ党=「わが党」との意、20%)より野党ハンナラ党(31%)をさらに多く支持している。半面、ポスト386は「ウリ党」(30%)をハンナラ党(18%)よりさらに多く支持している。盧政権が進めている改革の方向について、386の大半は否定的(55%)な見方を示した(肯定24%)。ポスト386では、肯定(37%)が否定(35%)より多かった。

 与党が国家保安法の廃止を進めているのと関連、386世代では、反対(51%)が賛成(34%)より多かった。ポスト386世代では、賛成(47%)が反対(38%)より多い。KGSS調査で、進歩と保守の両極端をそれぞれ100点と0点にしたとき、ポスト386の平均は53点、386は46点だった。

 ソウル大・宋虎根(ソン・ホグン、社会学)教授は「政治・経済・社会のあちこちで変化を起こしているポスト386の登場に注目すべき」だとし「386とポスト386、両年齢グループの間に起きている『世代戦』が注目される」と話した。

李相逸(イ・サンイル)記者 <leesi@joongang.co.kr>

関連記事
 反米主義
 韓国内での歴史認識闘争:マッカーサー像撤去問題
 盧大統領 国連で同盟国アメリカを帝国主義と非難
 大学教授 「アメリカは統一を妨害した韓国の敵」
 韓国民の53%「米国に分断の責任」