日韓友好のため韓国の新聞を読もう

日本だけでは飽き足りず、世界中が「歴史歪曲」していると思っている韓国人

スペイン紙「エル・ムンド」にいちゃもん

中央日報 2004.09.27 15:15

スペイン紙「韓国4228年間、中国の属国」

 スペインの有力紙「エル・ムンド」のウェブ版(www.elmundo.es)が「韓国は4228年間にわたって中国の植民地だった」と紹介し、波紋が広がっている。27日、サイバー外交使節団「バンク」(www.prkorea.com)によると「エル・ムンド」は「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していたが、1910年の韓日合併までの15年間にわたって独立を味わったりもした」とわい曲した(www.elmundo.es/documentos/2003/04/guerras_olvidadas/corea.html)。

 また、建国時点である紀元前2333年から日清戦争の1895年までの4228年間にわたって中国の属国だったとし、あたかも日本が中国の植民地だった韓国を救っていたかのように記している。「バンク」のパク・ギテ団長は「▽韓国が元々中国植民地だったと伝えた米CNNテレビ▽平壌(ピョンヤン)を中国植民地だと紹介したヒストリーチャンネル−−などのケースと同じ脈絡のもの」だとし「中国が『東北工程のグローバル戦略』の一環に、全世界のメディア通じて韓国歴史のわい曲を展開している証拠」だと話した。

 これも不思議な文句の付け方だ。
スペイン紙のHPにある

「韓半島は長い歴史のなかで数多くの侵略を受けてきた。中国に1895年まで属していたが、1910年の韓日合併までの15年間にわたって独立を味わったりもした」

と言う文章が、どうして

 「建国時点である紀元前2333年から日清戦争の1895年までの4228年間にわたって中国の属国だったとし、あたかも日本が中国の植民地だった韓国を救っていたかのように記している。」

に、なるのだろう。
しかも、檀君神話を歴史的事実に格上げして、スペイン紙が書いてない「4228年間中国の植民地」なんてこと付け足して、大げさに騒ぎ立てている。

 中国大陸における王朝がからに変わる際に、李氏朝鮮後金(後の清)と敵対したため、屈辱的な服属関係を強いられたのは歴史的事実だ。
このことを指して、「中国に1895年まで属していた」と言っているに過ぎないのに、拡大解釈して「4228年間中国の植民地」などと騒いでいる。

 清に服属したが、王朝は存続したので独立と維持したと言うこともできる。
清との服属関係は悔しい歴史かもしれない。
しかし、あたかも服属関係が無かったように記述する韓国の国定史観を、外国に強要するのは無理がありすぎる。