日韓友好のため韓国の新聞を読もう

もっと領土が欲しい韓国人

間島は韓国領土だ

朝鮮日報 2004/09/09 09:52

仏地図「間島は朝鮮領土」


1924年、フランス・パリ外国宣教会が発効した「韓国のカトリック」に掲載された地図。

咸鏡(ハムギョン)道と間島一帯、黒龍江?一部まで「元山補佐神父管轄区域」とし、ここが本来朝鮮の影響下に置かれていたことを証明している。

朝鮮日報 2004/09/09 07:00

豆滿江以北の「間島は朝鮮領土」

 日本が間島地域を中国に渡した間島に関する日清協約の元となった「土門江=豆滿江」説を真っ向から反駁する資料が発見された。

 土門江を豆滿江ではなく、別途の松花江の支流として明確に明かしたこの地図は、1909年の「間島協約」当時、日本側が作ったもので、「朝鮮と清の国境である土門江は豆滿江の別称」と主張してきた中国に対する貴重な反駁資料となる。

 また、間島が朝鮮の領土であることを示す決定的な資料として注目される。

 李相泰(イ・サンテ)国史編纂委員会史料調査室長が最近、書誌学者の故?鍾学(イ・ジョンハク)氏の所蔵資料の中から見つけ出し、8日公開したこの地図は、「第九図 白頭山定界碑付近の水系踏査図」という題目で、白頭山を中心に鴨緑江(アプロッガン)、豆滿江、松花江(土門江)とその支流の流れを詳細に書き記している。

 地図には「明治42年(1909年)10月、縮尺40万分の1」と、制作年度と方式を明かしている。「朝鮮総督府図書」職印と「9番目の地図」という表示があることから、当時、日帝統監府か軍部隊が戦略的な目的で作成したものと見られる。

 地図は白頭山付近から東北に流れ、再び北に曲がって松花江と合流する河川に「土門江」と明記しており、東に流れる川には「豆滿江」と書き、土門江と豆滿江が同じ川でないことを鮮明にしている。

中央日報 2004.09.09 19:59

「間島は朝鮮の領土」証拠発見

 間島紛争」の核心部分でありながらもこれまで現在のどの川に比定すべきか論議が絶えなかった「土門江」が、松花江の支流であることを示す1909年の地図が発見・公開された。

 国史編纂委員会のイ・サンテ史料調査室長は9日、最近他界した書誌学者イ・ジョンハック氏の所蔵資料から土門江を松花江支流と表記した白頭山(ぺクドゥサン)一帯の地図「第九図白頭山定界碑付近水系踏査図」を見つけたことを明らかにした。 この地図には、白頭山を中心に鴨緑江(アムノッカン)と豆満江(トゥマンガン)、そして「土門江」と表記された松花江とその支流の流れが細かく描かれている。

 地図の作成年代は、日本と清国間で間島協約が締結された1カ月後の1909年10月と記されているが、作成者は書かれていない。 だがこの資料が所蔵されていた場所にある本には「朝鮮総督府図書」と各印が押されている。

 イ・サンテ室長は、この地図が「日本帝国陸軍参謀局特殊部隊によって作成された可能性が高い」とし「日本はこのように土門江が松花江支流で、これを境に朝鮮(チョソン)と清国の国境線が決められていたことを知りつつも、間島協約によって朝鮮が持っていた間島に対する領有権を清国に渡す代わりに、満州に対する利権を獲得したものと思われる」と指摘した。

中央日報 2004.07.07 18:48

18世紀中国の地図「間島は朝鮮の領地」

先日世界文化遺産に登録された高句麗(コグリョ)遺跡が散在する中国の桓仁・集安地域を朝鮮(チョソン)の領土として描いた18世紀の中国の地図が公開された。

延世(ヨンセ)大学、東西問題研究所のキム・ウジュン教授は、1718年に清朝が作成した「皇輿全覧図」のヨーロッパ版の製作者デュ・アルド(1740年)、ヴォーゴンディ(R.de Vaugondy、1750年)、ウィルキンソン(Wilkinson、1794年)の3つの地図を7日公開した。 これらの地図には桓仁や集安などの地域が朝鮮の領土として表記されている。

「皇輿全覧図」はロシアの南下政策が本格化した時期に清朝で製作された初の西洋式地図。 今回公開された地図は「皇輿全覧図」の銅版が西洋に伝えられ、その後再び作成されたものだ。

キム教授は「地図にあるとおり、当時の中国の王朝も間島地方を朝鮮の領土として認識していた」と主張した。 彼の主張によると、朝鮮前期までは間島地方が我が国の領土であるという認識は乏しかったが、清朝が建国された頃から実質的にわが国の領域に編入されたため、朝鮮末期にも領土確保に努めてきたのだという。

キム教授はまた「中国が自国内の高句麗遺産の世界文化遺産登録に積極的に行う背景には、間島・満州地方の領土問題を沈静化させようという狙いが見え隠れする」と語った。

゙旻槿(チョ・ミングン)記者 < jming@joongang.co.kr >

 間島は、現在中国領になっているが、朝鮮族(朝鮮系中国人)が多く住む地域名。
韓国のマスメディアは、古い地図を持ち出して、「間島は歴史的に韓民族の地であり、政府は取り戻すべく努力せよ」とのキャンペーンを行っている。
中国相手によくやるものだ。韓国の民族主義恐るべし。

 古い地図や記録を持ち出して、領土を主張するのは、無意味で諸刃の剣だ。
過去の一時期に朝鮮領だったと地図製作者が認識していたと証明できるだけである。
さらに古い地図を持ち出されれば、あっという間に覆されてしまう。
それに、日本が古い記録を持ち出して、現韓国領の済州島や韓国南部(任那)を日本領だと主張できることになってしまう。