日韓友好のため韓国の新聞を読もう

事実を知らされていない韓国人

朝鮮日報 2004/08/20 19:14

政府、「韓日協定文書」公開を検討

 政府が1965年に韓日協定を締結した当時、日本に対する損害賠償請求権などを規定した協定文書5件の公開を検討していることが、20日明らかになった。

 政府当局者はこの日、「韓日協定締結の関係者が大勢生存している上、外交関係上、敏感な部分が多く、請求権と関連した韓日協定文書の公開は容易ではないが、これと関連した裁判進行状況と国民世論を考慮、様々な解決策を話し合っている」とし、公開を検討していることを明らかにした。

 特に、政府が公開を検討している韓日協定締結関連の文書は、最近日本政府が日朝国交正常化交渉に支障を与える可能性があるとし、文書の公開を延期してくれるよう要求していたことが確認された。このため、この文書が公開される場合、大きな波紋が広がる見通しだ。

 政府が文書公開を検討し始めたのは、ソウル行政裁判所が今年2月、日本植民地時代の強制連行の被害者と遺族が外交通商部を相手取って起こした訴訟に対し、「韓日協定の文書57件中、損害賠償請求権と関連した5つの文献を公開せよ」とし、原告の一部勝訴判決を言い渡したのに続き、現在進行中の控訴審でもその結果が不透明であることによる措置であると伝えられた。

 これと関連、政府当局者は「2審の判決は年内に下される見通し」とし、政府の文書公開が年末前に行われる可能性が高いことを示唆した。

 この文書が公開される場合、日本植民地時代に強制連行された韓国人被害者と遺族が日本政府と企業を相手取って損害賠償を請求できないようにした当時の交渉当事者らの発言録などが具体的に明らかになる可能性が高いと見られる。

 日本人と韓国人で、なぜ歴史に関して話がかみ合わないのか、よく分かる記事です。

 日韓基本条約の交渉段階で日本側が個人補償を提案したが、韓国側が拒否したため、個人請求権を放棄して国が一括して補償金を受け取る方式に決定しました。
韓国が、受け取った金のほとんどを個人補償に使わず、経済投資に使って「漢江の奇跡」と言われる経済発展を成し遂げました。

 日本では知られた話ですが、韓国国民は全く知らされていないようです。
これが、今だに韓国人が日本の裁判所に訴える理由なんでしょうが、訴訟は韓国政府を相手に韓国の裁判所へ訴えるのが筋でしょう。

 日本でこの話に関連した書物が多く出版されているにもかかわらず、韓国国民が無知なのは韓国のマスコミ・ジャーナリスト・学者の怠慢のせいと言えるでしょう。
ただ、少しでも日本寄りな発言をすると、親日派と非難され売国奴扱いされてきた現実からすると、ただ怠慢というのも無理があるかもしれません。


 記事によると、日本が文書公開を延期を要請しています。
「韓国が朝鮮半島における唯一の合法的政府であり、北朝鮮は韓国領土の北部を不法占拠している違法な武力集団である」
という韓国の主張を、日本が全面的に認めた上で、北朝鮮住民分の補償金も韓国政府に支払っています。
日本では周知の事実だから北朝鮮も知っているはずですが、今韓国でこれが話題になれば北朝鮮を刺激して、日朝国交正常化交渉の障害になると外務省が考えたためでしょう。

 もしかしたら、日朝国交正常化交渉と日韓基本条約の法的整合性がなく、条約違反なのかもしれません。